商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

職人のこだわり

お取扱いとお手入れ方法

宮川漆器店 本店工房(宮川家史料館)

宮川漆器店 平沢工房

宮川漆器店 奈良井宿店

工房・店舗のご案内

宮川漆器店 本店工房

宮川漆器店 本店

信州は木曽街道の真ん中辺りの藪原宿にて主に箸やお椀など中心に多種多様な物を制作しております。

木曽の藪原宿と云えば「お六櫛」の産地として名を馳せておりますが、実は「お六櫛」 の産地になる前には木曽漆器の産地の一つだったのです。
少なくとも江戸初期から中期にはすでに藪原宿は木曽漆器の産地の一つであったと考えても良いと思われます。

宮川漆器店裏の離れの二階を工房とし現代生活にマッチする商品開発や独自の技法を使いオリジナル化に特化した物作りをしております。
江戸時代の嘉永年間に建てられた店舗には木曽漆器の他、藪原宿名産「お六櫛」等も取り扱っております。

全国漆器展県知事賞受賞・明治天皇生誕140年祭明治神宮奉納・長野冬季オリンピック入賞メダル製作・香淳皇后箱製作等。

また、数量にもよりますが特注品等も承ります。

お気軽にご連絡下さい。 

宮川家史料館

宮川家史料館

家伝によれば当家は鎌倉時代末期(南北朝時代の前)大覚寺派武家の落人でその身を修験者に変え辺境の木曽にたどり着き漢学、医師、漆器業を生業とし何代にもこの木曽の藪原宿に住み続けております。

特に江戸時代中期から昭和初期まで医師を続け木曽代官の御殿医や木曽谷中年番医の御用も務めました。

店舗の後ろの土蔵を史料館とし鎌倉時代末期から昭和初期までの当家に伝わる書簡、漢詩、書画(芭蕉・蕪村・山岡鉄舟)、江戸時代中期からの医療道具等1,000点以上の物が陳列しております。

入館料大人¥200 子供¥100
(12月〜3月末まで冬季休館・不定休)

〒399-6201 長野県木曽郡木祖村薮原1080-1
宮川漆器店 宮川家史料館
電話 : 0264-36-2133
FAX : 0264-36-3633

宮川漆器店 平沢工房 

木曽漆器、宮川漆器店平沢工房は主に本店工房とは対照的に座卓等の大きな物を堆朱等蝋色仕上げ(鏡面仕上げ)を行っております。

かつて日本家屋の座敷机に使う漆塗り座卓の多くを木曽漆器が占めておりましたが、近年マンションやプレハブ住宅に占める家屋の座敷を占める割合が減少し堆朱等蝋色職人 もめっきり減り現在では貴重な職人となっております。

また、工房長の宮川武彦は労働大臣指定一級技能士、通商産業大臣指定伝統工芸士、長野県知事指定信州の名工(卓越技能者)に認定されております。

日本伝統工芸士会長産地運営、関東伝統工芸士会長産地振興、経済産業関東局長伝統的技術・技法、全国漆器店長野県知事賞受賞等。

〒399-6302 長野県塩尻市木曽平沢2412-1
宮川漆器店 平沢工房
電話/FAX : 0264-34-2201

宮川漆器店 奈良井宿店

宮川漆器店 奈良井宿店

木曽路を訪れる方は必ずと云っても良いほど妻籠宿と並び知名度の高く訪れる人が多い奈良井宿です。

軒灯りの旅籠、猿頭の下屋根に千本格子、潜り戸、出梁造りの二階屋、まるで江戸時代にタイムスリップした様な感覚になります。 それもその筈、奈良井宿は文化財保護法の中に定められる、「伝統的建造物群保存地区制度」によって町並みが保存されているのです。

宮川漆器店は奈良井宿の真ん中辺りの東側に。 「ちょっくら寄ってけね」の招き猫の暖簾が目印です。

〒399-6303 長野県塩尻市奈良井536
電話 : 0264-36-2133
FAX : 0264-36-3633
(12月〜3月末まで冬季休店・不定休)

奈良井宿観光協会HPでも紹介されています。
http://www.naraijuku.com/2010/10/post-9.html